緑のリサイクル
自然界において、樹木の落葉、落枝、枯草は、土壌中で小動物や微生物等の働きにより長い時間をかけ腐植に変質します。腐植は、土壌の物理性や化学性、肥沃性等の地力を向上させます。また様々な養分を含有しており再び植物に吸収、利用されます。

緑地や植栽地の維持管理に伴い発生する廃棄物である「植物発生材」は、これまで消却処分されてきました。

しかし、この植物発生材は、自然の営みによってもたらされた大切な資源。
この資源を有効活用し、チップとしての用途、そしてバーク(樹皮)の有機質土壌改良材としての堆肥化は、緑のリサイクルとして環境に優しく有効な手段と言えます。

※腐植:土壌中の小動物の遺体や、樹木の落葉、落枝、枯草が微生物により分解され生じた有機化合物。


Copyrights 2007 eriguchi. All rights reserved